ベニスで夏に飲みたい!最高に美味しいコーヒーが頂けるお店:ベスト8を大特集!(前半)

06/07/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

ロサンゼルスで「夏」と言えば、6月から8月までの期間を思い浮かべるかもしれませんが、L.Aで気温が最高気温に達するのは、実は9月なんです。なので、6月から夏が始まるというのは、イメージ的なものが強いのかもしれません。そんなイメージもあってか、L.Aに(世界各国から)観光客が一番多く訪れるのは、6月からだと言われています。そして、旅行でL.Aに訪れる方のほとんどが、ビーチで時間を過ごしたいと思われるようです。そこで今回は、観光客に大人気のベニスビーチ周辺にある、最高に美味しいコーヒーショップ、ベスト8をど紹介いたします。前半後半に分けてお届けしますので、最後までどうぞお見逃しなく!

6月8日:レドンドビーチ

06/07/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

6月8日の一枚は、マンハッタンビーチ、ハモサビーチと共にロサンゼルスの3大姉妹ビーチと呼ばれるレドンドビーチです。

ダウンタウンから少し離れた場所にあるため、都会の喧騒から離れて海辺でゆっくりと時間を過ごしたいという方にオススメのビーチです。

ビーチで日光浴、サーフィン、サイクリング、ボート、ビーチバレーなどを楽しんで、新鮮なシーフードをご堪能ください。

6月7日:サンタモニカのライフガード・ハット

06/06/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

6月7日の一枚は、鮮やかな色にペイントされたサンタ・モニカのライフガード・ハット(小屋)です。

年間を通して国内外から観光客が集まるのも納得の景色。

こちらのビーチは National Geographic の『世界最高峰のビーチ・シティトップ10 :Top 10 Beach Cities in the World』に選ばれています。

6月6日:グリフィス天文台

06/05/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

6月6日の一枚は、グリフィス天文台から眺める夜景です。

ロサンゼルスで最も美しい景色を眺められる場所といえば、やはりここグリフィス天文台ではないでしょうか。

視界を遮るものが何もなく、LAの街全体を見渡すことができる場所です。

旅の終わりは、LAの素晴らしい夜景で締めくくってみてはいかがでしょうか。

この夏、L.Aで絶対外せないイベント10選を大特集!(前半)

06/04/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

ロサンゼルス市民にとって「夏の定番」といえば、プールで過ごす午後、ビーチで過ごすリラックスタイム、ハリウッドボウルでのコンサート、ドジャースタジアムで食べるドジャードッグスと7月4日の花火でしょう。しかしながら実は、夏のシーズンは様々な催しが開催されるイベントシーズンでもあるのです。今年の夏は少し気分を変えて、いつもと違った夏の楽しみを体験するのもいいのではないでしょうか!?今回は、この夏、L.Aで絶対に外せないイチオシイベントベスト10を、前半後半に分けてじっくりとご紹介いたします!

6月5日:夕暮れ時のマンハッタン・ビーチ

06/04/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

6月5日の一枚は、夕暮れ時に撮影した美しいマンハッタン・ビーチの一枚です。

南カリフォルニアで一番と言われるほどの波を誇り、ビーチバレー発祥地として知られるマンハッタン・ビーチ。

マリン・スポーツを楽しんだ後は、周辺のお店やレストランでゆっくりとお食事はいかがでしょうか。

週末に冒険へ出かけよう!男性限定のスペシャルなウィークエンドガイドを大特集!(前半:1日目)

06/04/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

冒険好きにとって、ロサンゼルスは天国のような場所だと言えるでしょう。というのは、ロサンゼルスには多数のビーチ、山々、川、ハイキングコースが存在するからです。日焼けした小麦色の肌をしたセレブや最先端のスムージーバーだけの街だと思ったら大間違い。モダン・ロッククライミング発祥の地とも言われ、マウンテンバイカー達が愛するサイクリングコースや、サーファー達に愛される美しいビーチにも囲まれています。そのようなアウトドアスポットが、街の中心から一時間以内の場所にあるということも大きな魅力だと言えるでしょう。今回は、感動の絶景とスリルを同時に満喫できる、冒険好きな男性のための、スペシャルなウィークエンド企画をご用意しました!ご友人と、親子で、最高に楽しい時間をお過ごしください!

6月4日:ヴェニス運河

06/03/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

6月4日の一枚は、ヴェニス運河(カナル)です。

アメリカにイタリアのヴェニスを作ると言って始まった一大プロジェクトのもと作られたエリアです。

1982年にはアメリカ合衆国国家歴史登録財にも登録されました。

訪れる機会のある方は、是非ゴンドラに乗って、ゆっくりとした時の流れをお楽しみください。

Pages