9月14日:ウォーク・オブ・フェイム

09/13/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

9月14日の一枚は、ウォーク・オブ・フェイムです。

ハリウッドに行くならば、必ず写真を撮っておきたいポイント「ウォーク・オブ・フェイム」です。

お気に入りのスターの星を探して、記念撮影をしてくださいね。

9月7日:Stahl House (スタール・ハウス)

09/06/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

8月XX日の一枚は、Stahl House (スタール・ハウス)です。

映画やCMなどの撮影で使用されたこともあるため、見覚えのある方もいるかもしれません。

雑誌『アーツ・アンド・アーキテクチュア』のスポンサーによって企画されたケース・スタディ・ハウス・プログラム(実験的住宅建築プログラム)の一つとして建築されました。

見学ツアーも開催されているので、ここから眺める夕暮れと夜景をお楽しみください。

DTLA アート・ディストリクトで飲む最高のコーヒー

09/17/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

LAダウンタウンのアート・ディストリクトは、日本でも大人気の Urth Caffe が2008年にオープンして以来、市内トップのサード・ウェーブ・コーヒーメーカーが生まれた場所として、親しみを込めてコーヒー・ディストリクトとも呼ばれています。今回はコーヒー好きの読者の方のために、アートディストリクトで最高のコーヒーをいただけるお店をご紹介します。

8月31日:ロサンゼルス・カウンティ・フェア

08/30/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

8月31日の一枚は、アメリカで最も大きなカウンティー・フェアと言われるロサンゼルス・カウンティ・フェアのアトラクションのひとつ Sky Flyer です。

カウンティー・フェアとは、農産物・家畜の品評会やゲームなどさまざまなイベントが行われる、郡で年1回開催される、大々的なお祭りです。

今年は、8月31日から9月23日まで開催されますので、この時期ロサンゼルスにいらしゃる方は見逃せないイベントですよ!

今年のレイバーデー・ウィークエンドをLAで過ごすのにイチオシのイベント特集!

08/27/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

9月の第1月曜日に定められているレイバーデー「労働者の日」は、アメリカにおける祝日のひとつで、夏の終わりを告げる日として毎年大変盛り上がります。レイバーデーを含む週末の3連休は、レイバーデー・ウィークエンドとして、アメリカ全土で様々なイベントが開催されます。コンサートからフェスティバル、カレッジ・フットボールの試合まで、レイバーデー・ウィークエンドにロサンゼルスで開催されるイチオシのイベントを一挙ご紹介致します!

8月24日:ゲッティ・センターから眺める美しいLAの街

08/23/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

8月24日の一枚は、世界的に有名なゲッティ・センターです。

丘の上に位置するゲッティ・センターから眺めるサンセットは息を飲むような美しさ。

素晴らしい数々の芸術作品を鑑賞した後は、美しいLAの街を眺めて1日の締めくくりにしましょう。

LAツアー:ロサンゼルスを満喫するためのベストツアー特集(前半)

08/20/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

初めてLAを訪れる場合でも、既に何度も訪れたことのある場合でも、ロサンゼルスは訪れる度に新しい発見がある街です。ロサンゼルスには、幅広いジャンルと予算のツアーが用意されており、博物館巡りやグルメツアーなど、環境に優しい自転車でのツアーもあれば、壮大なヘリコプターやボートでのツアーなど、様々なロサンゼルスツアーをご紹介いたします。

8月17日:ハリウッド・ボウル

08/16/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

8月17日の一枚は、ハリウッドにある野外音楽堂、ハリウッド・ボウルです。

ハリウッド・ボウルで開催されるコンサートを鑑賞するのは、LAでもっとも人気のある夏の伝統行事のひとつです。

これまでにも数々のポップ、クラシック、ジャズなどの幅広いジャンルのイベントを絶え間なく開催してきました。

一度は、参加してみたいですよね!

ロサンゼルス国際空港最新情報

08/13/2018

ロサンゼルス 観光局公式サイト

現在、ロサンゼルス国際空港 (LAX) では、Los Angeles World Airports (LAWA) 主導の下、数十億ドル規模の大規模な近代化プロジェクトが 進められています。プロジェクトは2023年に完了する予定です。今回のLAXの近代化プロジェクトは、ロサンゼルス市史上最大の公共事業計画だと言われています。2009年に始動して以来、このプロジェクトを通して年間で12万1000人以上の建設事業関連の雇用が創出されることが期待されています。では、このプロジェクトは、ロサンゼルスを訪れる観光客にとってどのような意味を持つのでしょう。

Pages