ロサンゼルス・ウェストサイドのアウトドアツアー3日間!(パート3)

Venice Canal Historic District | Photo courtesy of Kostya Danko,Flickr

ウェストサイドを3日間にわたってイチオシのアクティビティーをめぐる、スペシャルなアウトドアツアーも最終日をむかえました。ラストもとても充実した時間が過ごせる内容になっていますので、最後までお見逃しなく!

DAY3 午前8時:BRU`S WIFFLE

Franklin Lake | Photo courtesy of Ken Shelton,Flickr

ワッフルが嫌いな人っているのでしょうか?まずいないでしょう。ただ、シンプルなワッフルは、すぐに飽きてしまう、という人も多いかもしれません。Bru`s Wiffleは、ワッフルに新たな息吹を吹き込み、他店とは全く違うワッフルを提供してくれます。まずBru`s Wiffleでは、ワッフル作りをふくめ、全てがゼロから作られているのです。新鮮な材料のみを使用したメニューたちは、最高に美味しいと定評があります。フライドチキン&ワッフル、エッグズ・ベネディクト・ワッフル、チュロ・ワッフルなど、人気メニューも多数あります。週末はかなり混み合うので、ローカルの間では事前に予約するのがお決まりとなっています。地元で愛されるワッフルを心ゆくまでご堪能ください。

午前10時:FRANKLIN CANYON TRAIL

Franklin Canyon Loop Hikeは、L.A.の中心にありながら、都会の喧騒からはなれ、大自然を肌で感じることのできる、美しいハイキングコースです。見つけるのに少々手こずるかもしれませんが、それも楽しみのうちでしょう。コースは、渓谷をなだらかにのぼりながら進んでいきます。渓谷の頂上で、Franklin Canyon Roadに交差します。その後、木でできた階段を下りていくと、貯水池があります。テレビがお好きな方は、見てすぐに分かるかもしれないですが、粉の貯水池は、Andy Griffith Showのオープニングでフィーチャーされています。

正午:C&M CAFE

ハイキングの後はランチタイムです。カジュアルな人気店、C&M Cafeに足を運びましょう。テイクアウトができるので、ランチをゲットしたら向かいにある公園、Cheviot Hills Parkにピクニックに行きましょう。美しい芝と、ミッド・ロサンゼルスを一望できる景色はピクニックに最高ですし、さまざまなスポーツに関連した設備が整っているのも魅力です。

午後2時:WILL ROGERS STATE PARK

Venice Canal Historic District | Photo courtesy of Kostya Danko,Flickr

ピクニックの後は、Will Rogers Historic State Parkへ向かいましょう。ここからは海に落ちる美しい夕日が見えることで有名です。公園内を散策し、地域の歴史やWill Rogers(かつてハリウッドで一番高い報酬を得ていた役者)のことを学びましょう。ハイキングがお好きな方は、Inspiration Pointまで続く、2.6マイルのループトレイルをまわってみることをおすすめします。なだらかなコースなので、初心者でも楽しむことができますよ。Inspiratiion Pointからは、晴天であれば、Palos Verdesの崖も見渡すことができます。パーク脇に無料の駐車場があるのですが、こちらはかなり運がよくないと停められる可能性が低いといえます。$12で、敷地内に有料駐車場があるので、そちらに停めることをおすすめします。

 

午後5時:VENICE CANALS

最終日のラストは、ヴェニス運河沿いの歩道を散策しましょう。ラストを飾るアクティビティーとして、ぴったりです。100年以上前、大富豪Abbot Kinneyは、イタリアのヴェニスをモチーフに、この運河をつくりました。ゴンドラは浮いてないですが、整備されたエリア一帯は美しく、おとずれるものの心を癒してくれます。ほとんどの人がWashington BoulevardとPacific Avenueの交差点から運河のあるエリアに入ります。道沿いに歩くと、古風で趣のある橋や、穏やかな運河をすすむ小さなボート、ユニークな建築物などが目にとまるはずです。時間をかけてゆっくりと観察するのもいいかもしれないですね。散策を楽しんだ後は、空港へ向かいましょう。身も心もリフレッシュし、癒されている自分がいることに気が付くはずですよ。

3日に凝縮したウェストサイドのアウトドア・ツアー、いかがでしたか?3日間でしたら、休暇をとるのもそこまで難しくはないはずです。ぜひこの機会に、ウェストサイドの魅力を満喫する旅に出かけてみてください!

関連タグ

作成者

Japanese Website