LAでインターナショナルな美術館を廻ろう!

写真提供:LA Plaza de Cultura y Artes, Facebook
enlarge photo [+]

世界中の文化が共存する街、ロサンゼルスは世界の中でも最もインターナショナルな街と言っても過言ではないでしょう。その影響もあり、ロサンゼルスには多文化的な美術館がいくつも存在します。是非この機会に足を運んで、異文化のアートと歴史に触れてみてください!

 

DOWNTOWN L.A. / METRO

------------------------------------------------------------

LA Plaza de Cultura y Artes

LA Plaza de Cultura y Artesはロサンゼルスに住むメキシコ系アメリカ人にスポットを当てた美術館で、年間を通してダイナミックなイベントや展示会を催していることで知られています。1781年にロサンゼルスが成立した地のすぐそばの2.2エーカーという巨大な敷地の中にあり、歴史的な建造物やレノベーションを経たモダンな建物の建築美を楽しむことができます。美しい庭園やパティオ、屋外ステージも見所です!

California African American Museum

California African American Museum(CAAM)はロサンゼルス・コンベンションセンターから西に5分ほどいったExposition Park内にある美術館です。こちらの美術館はアフリカ系アメリカ人の歴史や文化にスポットを当てた施設で、それらを展示するだけでなく実際に研究したり、美術品を収集したりといったことも行っています。3500以上ものアート作品、歴史的工芸品、記念品が展示されており、 図書室には実に2万以上の資料が所蔵されています。

Japanese American Cultural & Community Center

1971年にできたJapanese American Cultural & Community Center(JACCC)は全米でも最も大きいアジア系アメリカ人の文化センターといわれており、日本のみならずアジアの美術品・芸術品が数多く展示されている施設です。南カルフォルニアに住むジャパニーズ・アメリカン達の心の故郷として知られており、芸術団体や文化コミュニティなどの本部ともなっています。

Japanese American National Museum

リトル東京にあるのがJapanese American National Museum(JANM)で、日系人たちの歴史的背景をもとに、日本のみならず、アメリカに存在する様々な異国文化のあり方について学ぶことのできる施設です。JANMはアメリカで一番最初に日系アメリカ人の歴史に特化し、スポットを当てた博物館として設立され、年間を通して様々な催しや展示会、勉強会を開催しています。

------------------------------------------------------------

 

WESTSIDE

写真提供:Wikimedia Commons

------------------------------------------------------------

Taper Courtyard at Skirball Cultural Center

Skirball Cultural Centerは世界で最も赤裸々にユダヤの歴史を語っている、といわれる施設で、4000年のユダヤの歴史と共にアメリカでのユダヤ教のあり方についてを学ぶことができます。センター内には美術館、展示会場、シアター、ノアの箱船をもとに作られたファミリーエリアなど、信仰の違う人にとっても魅力的な設備が沢山あります。またサンタモニカ山脈の15エーカーという土地に建つSkirballは、自然環境に優しい設計で作られています。

------------------------------------------------------------

 

THE VALLEY

写真提供:Balbir Bassan, Flickr

------------------------------------------------------------

Teahouse at Suiho En

Suiho En『水香園』は18世紀から19世紀にかけて日本の領主の為に作られていた庭園をモチーフに、伝統的な日本庭園が再現された美しいガーデンです。San Fernando Valleyの秘宝と呼ばれるこちらの庭園は、カワナ・コウイチ氏により、人々に美・癒し・インスピレーションを与え、日本文化への理解を深める場所になるようにと、『水』をテーマに設計されました。ちなみにアメリカにおいて、ドクター・カワナは少なくとも12カ所以上の日本庭園を手掛けているそうで、LACMAのボタニカルガーデンもドクター・カワナがデザインしたものです。

------------------------------------------------------------

 

PASADENA

写真提供:Michael Locke, Flickr

------------------------------------------------------------

Pacific Asia Museum

Pacific Asia Museumはアメリカにおいて唯一のアジア・太平洋に浮かぶ島々にスポットを当てた博物館として知られています。15000以上の珠玉の美術品たちがアジア・太平洋地域の人々の歴史を物語ります。革命家によって崩壊した(1644年から1912年まで)中国最後の王朝時代の宮殿を真似て建てられた建物が有名で、カルフォルニア州の歴史的ランドマークとしてアメリカ合衆国歴史登録財としてリストに登録されています。

------------------------------------------------------------

 

NEIGHBORING REGIONS

写真提供:Omar Omar, Flickr

------------------------------------------------------------

Museum of Latin American Art

ロング・ビーチのEast Village Arts地区にある『Museum of Latin American Art(MOLAA)』は、全米で唯一ラテンアメリカの現代アートに特化した美術館です。1996年のオープン以降、MOLAAには彫刻庭園などの施設が新たに増築され、今ではオープン時の2倍にまで拡大しました。一度は足を運んでみたい話題の美術館です。