日本に進出しているLA発のレストラン&ショップ 前編

写真提供:Tacobell, Facebook
enlarge photo [+]

2015年4月、日本に再上陸し話題を呼んだTACOBELLですが、その輝かしい歴史は1962年にロサンゼルスからスタートしました。日本にはほかにもLA発の企業が多く進出しており、なかには「LAから来ているとは知らなかった!」なんてものもあります。今回はそんな日本に進出しているLA発のレストラン&ブランドをご紹介しましょう!

LAWRY’S The Prime Rib/ロウリーズ・ザ・プライムリブ

写真提供:Lawry’s The Prime Rib Beverly Hills, Facebook

1938年に世界的にも有名な高級住宅街、ビバリーヒルズでオープンしたローストビーフ専門店「Lawry’s The Prime Rib」は 、巨大なローストビーフを目の前で切り分ける独自のサービスで話題を呼び、瞬く間に大人気レストランとなりました。2001年に日本第1号店を赤坂にオープンし、現在は東京・恵比寿と大阪・梅田に2店舗を展開しています。高級感溢れる店内で本場アメリカの厚切りローストビーフを堪能できますが、「食べきる自信がない・・・」という方のために日本向けの小さめカットもご用意しているので家族全員で安心して楽しめるお店です。

The Coffee Bean & Tea Leaf/コーヒービーン&ティーリーフ

写真提供:The Coffee Bean & Tea Leaf, Facebook

創業者であるHerbert Hyman氏が スウェーデンで口にしたコーヒーの味に感動し、1963年にロサンゼルスでオープンした「The Coffee Bean & Tea Leaf」は、アメリカ最古のスペシャルティコーヒーチェーンです。その立地も手伝い、ハリウッドのスターたちが足繁く通っていたことから一気に巨大ビジネスへと発展し、現在まで25カ国に事業を展開しています。そんなThe Coffee Bean & Tea Leafが今年ついに日本に上陸し、5月26日に日本第1号店を日本橋にオープンしました。

厳選素材から作るコーヒーと紅茶はどれをとっても絶品ですが、中でも「アイスブレンディッド」はコーヒーと氷にさまざまなフレーバーシロップを入れてミキサーにかけたThe Coffee Bean & Tea Leafの看板メニューです。スターバックスのフラペチーノが全世界的に人気を博していますが、Hyman氏によれば「本家はThe Coffee Bean & Tea Leaf」とのこと。これからの季節に絶対おすすめの一杯です。

Pinkberry/ピンクベリー

写真提供:Pinkberry, Facebook

一年中温暖な気候に恵まれるLAのアジア人コミュニティではフローズンヨーグルトはもはや定番デザート。無脂肪ヨーグルトを使っているためアイスクリームよりカロリーが低くく、さまざまなフルーツをトッピングできるので見た目にもかわいらしく、人気を博しています。中でもpinkberryは2005年のオープン以来、学生を中心に爆発的な人気を集め、昨年7月にはお台場に日本第1号店をオープンしました。今年2月には福岡にも新店舗をオープンし、ハリウッドセレブたちも愛するヘルシーなデザートを提供しています。

In-N-Out Burger/In-N-Outバーガー

写真提供:estrubes

ハンバーガーファンなら知らない人はいない、「西海岸ハンバーガー界の王者」とも言われるIN-N-OUTバーガー。本国アメリカでもカリフォルニア・ネバダ・アリゾナ・ユタ・テキサスの5つの州でしか展開していないのは、具材の品質と鮮度にとことんこだわっているからだそうです。パティとチーズのほかにはレタス、トマト、特製サウザンアイランドソースにオプションの玉ねぎだけと極めてシンプルであり、また裏メニューを含めても10種類ほどしかないにも関わらず、その絶対的な美味しさで熱狂的なファンを生んでいます。

そんなIn-N-Outバーガーですが、これまでに2度日本に出店をしたことがあります。なかでもテストマーケティングの一環として原宿にたった4時間限定でオープンした時には、開店前から長蛇の列ができて大きな話題を呼びました。テストマーケティングということは、もしかしたら日本に本格進出する日もそう遠くないかも・・・?!