グランド・セントラル・マーケット内のおすすめ新スポット11選!(前編)

写真提供:Joshua Lurie
enlarge photo [+]

1917年のオープン以来、LAダウンタウンのシンボル的スポットとして多くの人に愛され続けているGrand Central Marketですが、最近では新たなお店が多数出店して話題を呼んでいます。China CafeやRoast To Go、 Tacos TumbrasにA Tomasといった老舗店も根強い人気ですが、新世代のお店もぜひともチェックしておきたいですよね!今回はGrand Central Market のおすすめニュースポット11選をピックアップしました!

BELCAMPO MEAT CO. - DOWNTOWN L.A.

写真提供:Joshua Lurie

Belcampo Meat Co.はカルフォルニアのMount Shastaに本店を持つ、この地域では有名な精肉店です。Belcampo Meat Co. DownTown LAはLAの第一号店として話題を呼んでいます。Belcampo Meat Co.の看板メニューは、ジューシーな肉汁したたるバーガー。牛脂で揚げた皮付きフライドポテトも有名ですが、かなり油っぽいので人によっては受け付けないかもしれません。季節限定のメニューや、自分好みの部位を選べるオプショナルなメニューもあるので、そちらをトライするのもいいかもしれません。ディナータイムは、$60のプリフィックス・コースをおすすめします。胡椒の利いたミルクで煮込んだビーフリブやスモークされた牛タン、スクランブルエッグなどが楽しめる週末ブランチも人気です。

DTLA CHEESE

写真提供:Joshua Lurie

DLTA Cheeseは、Claremont Villageにある人気店、Cheese Caveを経営する姉妹が、Grand Central Marketに新たに出店したチーズ専門店です。店内で提供するチーズは大きく2種類に分けられます。ジャムやピクルスと言った、チーズのお供にぴったりの食材と一緒に頂くコールドタイプのチーズ、そしてもう一つはチーズ・サンドイッチやサラダなどの形として提供する調理してから頂くタイプのチーズです。ローストしたベイビーポテトにほうれん草、イディアサバルチーズ、ロメスコソースがかかった一品は、一度食べたら忘れられない絶品です。ベーコンをトッピングしたバージョンもあり、両方とも目玉焼きと一緒にサーブされます。ここでしか味わえないメニューを満喫してください!

EGGSLUT

Fairfax sandwich at Eggslut | Photo by Joshua Lurie

Alvin Cailan氏がフードトラックから始め、Grand Central Market に出店するまでのサクセスストーリーを展開した『Egg Slut』は、今やLAでは言わずと知れた有名店です。ソフトなブリオッシュバンにチェダーやハニーマスタード・アイオリソース、ベーコンや自家製のターキー・ソーセージを挟んだ特製サンドイッチは食通をもうならせる美味しさです。人気メニューの『Fairfax』は、ソフトなスクランブルエッグ、Tillamook チェダーチーズ、チャイブ、オニオン、そしてSrirachaマヨネーズとのハーモニーがたまらない、おすすめの一品です。豪華にいきたい方におすすめなのが、和牛を使ったメニュー『Gaucho』です。これまた卵をはじめとした全ての素材が最高にマッチした至極の一品です。

G&B COFFEE

写真提供:Joshua Lurie

G&Bコーヒーはアメリカ屈指のコーヒー専門家として知られる、Kyle Glanville氏 とCharles Babinski氏がIntelligentsia Coffeeから独立し、2012年にオープンしたお店です。このお店の成功もあり、2013年にはLarchmont VillageにGo Get Em Tigerという名の2号店を出店しています。G&B Coffee では、一つのブランドのコーヒー豆ではなく、季節ごと選出したこだわりの豆を使い、お店ならではの本各的なコーヒーを提供しています。エスプレッソは美味しいと評判なので、是非とも試しておきたいところです。エスプレッソ以外にもアイスティーやアイスコーヒなアドのコールドドリンクのセレクションもありますが、おすすめはなんといってもコーヒーミルクシェイクです!同じくGrand Central Market内にあるMcConnellのブランド・アイスクリームとエスプレッソ、コーヒー豆がミックスされた、リッチで風味豊かな、一度飲んだら忘れられないシェイクです!

HORSE THIEF BBQ

写真提供:Joshua Lurie

小説家ラリー・マクマートリーによる1997年の作品『Comanche Moon』が由来と言う『Horse Thief BBQ』はその名の通り、バーベキューが楽しめるお店です。2013年には新たなシェフをチームに加え、パワーアップしたメニューが楽しめると評判をよんでいます。木陰が気持ちのいいパティオには共有のウッドテーブルが置いてあり、ピクニックをするような気分でお食事を楽しむことができます。牛の胸肉、ポーク、リブ、ポークスペアリブ、チキンにソーセージ、と言ったメニューから、自分の好きな肉を選び、好きな分だけ、重さで注文する仕組みになっています。オーダーしたプレートにはサイドが2品付くのですが、スイートポテト・カセロールやクリームコーンといったオーソドックスなメニューが、オークでスモークされたお肉ととても良くマッチします。2014年にはクラフトビールとワインが楽しめるバーが導入され、躍進がとまらない『Horse thief BBQ』。是非一度足を運んでみてください!