ウォルトディズニーコンサートホールではずせないスポット10選!(前半)

写真提供:Candice Montgomery, Flickr
enlarge photo [+]

ダウンタウンのグランドアベニューに建つウォルトディズニーコンサートホールは、2003年10月のオープン以来、ロサンゼルスを象徴するスポットとして人々を魅了し続けています。2200人以上収容可能なコンサートホールはロサンゼルス・フィルハーモニック楽団とロサンゼルス・マスター・コラールの拠点としても知られています。

プリッツァー賞受賞経験のあるFrank Gehry氏による建築デザインと日本人音響設計家の豊田泰久氏による音響デザインは世界的にも高く評価されています。

今回はそんなウォルトディズニーホール内のおすすめスポット10選をピックアップしました!

1. CONCERTS

写真提供:LA Phil, Facebook

2014-15年のシーズンは年間を通して様々な時代の音楽をフィーチャーしてお届けします。9月30日に行われたシーズンのオープニングイベントでは、世界的に有名なヴァイオリニスト、イツァーク・パールマンを迎えて映画界の巨匠ジョン・ウィリアムズの音楽をお届けしました。クラシックからジャズ、ワールドミュージックまで、世界最高峰の音楽家たちによる演奏を楽しんでみてはいかがでしょう?コンサートの詳細は下記ホームページよりチェックしてください!

www.laphil.com/tickets/calendar-fullseason/2014

2. PIPE ORGAN

写真提供:LA Phil

「ウォルトディズニーコンサートホールと言ったら?」という問いかけに、「パイプオルガン」と答える人も少なくないはずです。WDCHのパイプオルガンはそれほどまでに存在感があり、見る人を惹きつける魅力があります。建物の一部としてデザイン・設置されたパイプオルガンは、世界的にも大変珍しく木でできています。この木製のパイプがカーブされているのも大変ユニークで特徴的な作りといえます。

是非ともコンサートに足を運んで、圧倒的な存在感とその素晴らしい響きを体感してください!Organ Recital Seriesのコンサート情報はこちら:

www.laphil.com/tickets/series-detail/organ-recital

3. TOURS

写真提供:Diana Lee Photography, Flickr

WDCHでは、音声ガイダンスを聞きながら巡るオーディオツアーと、ガイドによるツアーの2種類のツアーを体験することができます。オーディオツアーは「気兼ねなく自分のペースで回る事ができる」と人気を集めています。コンサートホールの歴史から建築まで、ホールに関する様々なことを学ぶことができます。ガイドによるツアーでは、館内はもちろんのこと、庭園も案内されながら回ることができます。毎日のようにリハーサルやゲネプロが行われているため、オーディトリアムの内覧はできないのでご了承ください。

4. THE LIBRARY OF CONGRESS/IRA GERSHWIN GALLERY

The Library of Congress/Ira Gershwin GalleryはWDCH2階にある、穴場スポットです。こちらのギャラリーでは、2年ごとにコレクションを新調しているそうです。コンサートホールのツアーに参加している方、もしくはコンサートを見に来ている方であればどなたでも自由に入ることができます。

5. A ROSE FOR LILLY - BLUE RIBBON GARDEN

写真提供:Daniel Djang

Blue Ribbon GardenはWDCHの屋上にある庭園で、1エーカーはあるといわれる敷地内に美しい緑や花々が茂っています。庭園のハイライトと言われるのが、薔薇とオランダ王室御用達の陶器Royal Delftを愛していたことで知られるLillian DisneyへのトリビュートとしてWDCHの建築家、Frank Gehry氏がデザインした「A Rose for Lilly」とよばれる噴水で、Royal Delftの陶器がモザイクの様に重なり合い、バラの形を象った美しい噴水です。

プライベートなイベントや子供用のプログラムを開催することもあるそうですが、コンサート前後にこちらの庭園スペースでリラックスされる方が多いようです。オーガニックハーブや食用花は同施設内にあるフレンチレストラン、Patinaのシェフが育てているそうですよ!