L.A.で今話題の新しいアイスクリームショップを大特集!(パート2)

Build-Your-Own Ice Cream Sandwich at McConnell’s Fine Ice Creams | Photo by Joshua Lurie

近年L.A.では、アイスクリームが大ブームで、ここ数年で新しいお店が軒並み増え、街のどこにいてもこだわりのプレミアムアイスクリームをゲットできます。L.A.で今話題の新しいアイスクリームショップをご紹介する今回の特集パート2です!

IHWAMUN ICE CREAM

Green plum ice cream at Ihwamun | Photo by Joshua Lurie

Ihwamumは、リトル東京Galleriaのグラウンドフロアにある、コリアンスタイルのアイスクリームパーラーです。店名とお店のロゴであるプラム(梅)のロゴは、1897年から1910年まで続いた、大韓帝国を敬してつけられているそうです。店内には美しい梅の花の壁画があり、インテリアは木をメインに使用したコリアンスタイルのシックな雰囲気で統一されています。オーガニックをコンセプトに、クリーム、ミルク、砂糖に卵を使用し、全て店内で作られています。レッドビーン(小豆)、ブラックセサミ(黒ごま)、fruit-flecked green plum (フルーツ入り青梅)、ローストしたsoy ingeolmi(きな粉でコーティングした韓国のお菓子)など、Ihwamumならではのこだわりのフレーバーが人気をよんでいます。人気メニューChoco Pieは、皆さんご存知の「チョコパイ」がアイスクリーム状になったもので、ファンの多い一品です。金曜日と土曜日には、鮮やかな緑色のシーウィードワッフルコーン(改装のワッフルコーン)を提供しているので、ぜひトライしてみてくくださいね。

KANSHA CREAMERY

Lupicia Select Matcha ice cream at Kansha Creamery | Photo by Joshua Lurie

Kansha Creameryは、Elaine Yukari さんと、兄弟のJames Tatsuya さんが2015年にオープンしたお店です。405フリーウェイ近くに位置するKansha Creameryでは、アイスクリーム1つの売り上げから毎回50セントを Children`s Hunger Fund(子供を飢餓から守る非営利団体)に寄附しています。店名のKanshaは、日本語の「感謝」からきているそうで、Elaineさんご兄弟が感謝を持って地域に貢献する姿勢に、多くの人が感銘を受けています。和風の外観を中に入ると、ウッドカウンターがあり、壁はブルーグレイで統一され、ところどころ地下鉄で使用される白いタイルが配置された、モダンな作りになっています。アイスクリームはStraus Family Creamery dairy と協力し、毎日店内で作っています。フレーバーは、キャラメルとオートミール・クッキーをブレンドしたMr.Universalや、黒ごま、ミントにタイバジル、チョコレートチップなどをブレンドしたMyint chipなどを中心に、毎日5種類提供しています。自家製ワッフルでいただく「Magic Turtle」と呼ばれるサンデーや、抹茶パフェも人気ですよ。ぜひ一度おためしあれ!

KIDDOS CREAMERY

Honey milk ice cream in a matcha cone at Kiddos Creamery | Photo by Joshua Lurie

Kiddos Creameryは、Nobu West Hollywoodでペーストリー部門のリードシェフとして活躍していたJon Shin シェフと、Nordstromのセールズマンとして働いていた従兄弟のJeff Im氏が、2016年、Glendaleのストリップモールにオープンしたお店です。Shinシェフのお兄さんが昔から2人を「kiddos」(子どもたち)とよんでいたことから、店名が「Kiddos Creamery」となったそうです。店名は「Kiddos」ですが、ここで提供しているアイスクリームは、アダルト向けのコンセプトで作られています。アイスクリームは毎日12種類作られていますが、そのうちの5種類はハニーミルク、抹茶、タヒチアン・ヴァニラ、ミルク&クッキーズ、チョコレートで決まっています。その他に、週替わりのフレーバーが2種類あります。ちなみに取材班が訪れたときは、Salted caramel SamoasとGolden Road Coffee stoutでした。その他、「ベリーゆず」や「ストロベリー・パッション・フルーツ」など、ファーマーズマーケットで仕入れた旬の食材を使用したシャーベットもならびます。アイスクリームは、フロート、カップ、ピンツ、自家製コーン、そしてワッフル(チョコレート、シュガー、ヴァニラ)など、お好きなものにトッピングしていただくことができます。L.A.ではめずらしく、もなか(最中)サンドも提供していて、こちらもおすすめですよ!

MCCONNELL’S FINE ICE CREAMS - LOS FELIZ

Build-Your-Own Ice Cream Sandwich at McConnell’s Fine Ice Creams | Photo by Joshua Lurie

Santa Barbaraで創業したMcConnell`s Fine Ice Creamsは、1949年から続く、老舗のアイスクリームショップです。地域での人気に後押しされ、現在では、ロサンゼルスにも3店舗(Grand Central Market、Los Felz、Studio City)新しい店舗がオープンしてます。McConnell`sは、Santa Barbara dairyの運営も行っているので、カルフォルニア産のフレッシュなミルクを使い、ベースとなるアイスクリームをふくめ、すべて自家製のものを提供しています。一番人気は、sea salt(海塩)、crushed Guittard chocolate chunk cookies、そしてcreamをブレンドしたフレーバーで、一度食べたら忘れられない美味しさです。オレゴン産のマリオンベリーを練り込んだ、Eureka Lemonのアイスクリーム、そしてリッチなピーナツバターとビタースイートチョコレートをブレンドしたダブル・ピーナツバターチップも、ファンが多いこと出知られる人気メニューです。ボリューム満点のサンデーや、アイスクリーム・クッキーサンドイッチ、濃厚なシェイクもおすすめですよ。甘党にとっては天国のようなお店です!

L.A.で今話題の新しいアイスクリームショップをご紹介してきた今回の特集、パート2はここまでとなります。次回は最終回!素敵なお店がたくさん登場しますのでお見逃しなく!