ロサンゼルス国際空港 (LAX)

ロサンゼルス国際空港は世界で6番目の旅客数があり、年間6,300万人以上の人が利用しています。すべての主要航空会社を含む、約60の旅客航空会社がLAXに乗り入れています。
U型に並んだ中央ターミナルエリアには9つの旅客ターミナルがあり、日本からの便は、ターミナル4(アメリカン航空)、ターミナル5(デルタ航空)、ターミナル6(ユナイテッド航空/国際線)およびトム・ブラッドレー・国際線ターミナル(日本航空などのアメリカ系以外の航空会社)に発着します。各ターミナルは、下の階が「到着ロビー」(入国審査、到着便の荷物受け取りがあります)、上の階が「出発ロビー」(出発便の乗客のチェックインカウンターがあります)に分かれており、分かりやすくなっています。また、アメリカは出国審査はありません。
各ターミナル内にはバラエティーに富んだカフェテリア、ギフトショップ、ニューススタンド、公衆トイレ、公共電話、ATM、および免税店などが完備されています。

入国手続きについて
機内で配られる入国書類は関税申告書のみです。
入国審査の後、手荷物受取所で荷物を受取り、税関検査へ向かいます。その際免税の範囲内であれば緑のランプの出口へ、免税範囲を超える場合は赤のランプのカウンターに行って申告します。入国審査でスタンプが押された税関申告書とパスポートを提示します。問題がなければ、そのまま申告書が受理され通関したことになります。どちらの書類も、黒または青のボールペンを使用し、全てローマ字の大文字で記入します。

エンカウンターレストラン
ロサンゼルス国際空港ターミナルの中心に位置する、ロサンゼルス名物、エンカウンター。
内部は、宇宙空間をイメージした作りで、コンチネンタル料理をメインとしたレストランになっています。ここからの夜景は地元でも人気です。

リラックス・ラウンジ
トム・ブラッドレー国際線ターミナルにあるこのラウンジは、LAXでは、初めてとなる有料の公共ビジネス・ラウンジです。このラウンジは、トム・ブラッドレー国際線ターミナル(TBIT)の中2階、手荷物検査場の手前にあり、21才以上なら、誰でも利用することができます。他のターミナルの乗客もこのラウンジを利用でき、各航空会社のビジネス・ラウンジを利用できない方にとっては、大変便利な施設です。1時間まで10ドル、3時間まで25ドルを支払えば、どの航空会社の、どのクラスの座席を利用する方でも、静かな場所で、仕事をしたり、軽食を食べたり、リラックスしたひとときを過ごすことができます。
詳細については www.relaxloungelax.com まで。

駐車場
ターミナル4と6の間には、バレーサービスつきの駐車場を含めて、21,144台分の駐車スペースがあります。空港ターミナルからは終日、10〜15分間隔で、LOT B及び C駐車場までの、無料シャトルサービスを行っています。空港の北東にあるLOT C駐車場には、空港無料シャトルバスに接続する公共の定期バスが発着するMTAバスセンターもあります。

障害者のためのサービス
LAXでは障害のある旅行者を補助するために多くのサービスを提供しています。特別な駐車場、スロープやエレベーター、また、車椅子用リフトを備えた無料シャトル・バスが、LOT Cと各ターミナル間を運航しています。耳の不自由な方用の通信機器は、すべてのターミナルで利用可能です。